婚活でのラインの注意点

ここ数年で婚活している人はメールを聞いたり、電話番号を聞いたりという事は少なくなり、出逢ってすぐライン交換をし、ラインでのやり取りをするようになりました。

しかし、ラインはメールや電話と違って、お相手が文章を読んだ【既読】になったことが分かるようになったために、婚活中の男女に混乱を招いていることも確かです。

その証拠に、出逢ってすぐにラインをやり取りしただけで食事に行くなど、直接会う事もなく、フェードアウトしてしまう人も多いのが現状です。

今日はそんな婚活中のラインの頻度についてお伝えしていきたいと思います。

<ライン頻度は素直に聞いてみる>

ラインはお相手の今の状況は関係なく連絡することが出来るツールです。
ただ、仕事中にちらっとラインを見て、既読になったとしても、その時忙しく、すぐに返信できないことも大人の男女なら当たり前のこと。

しかし、氣になるお相手からのラインの返信って氣になりますよね。
だからこそ、出逢った時に素直に聞いてみましょう。

「ラインのやり取りって好きですか?ラインの連絡って良くしますか?
私はラインのやり取りが好きなので、一日に何度も送ってしまうんですよ~」

というように、素直に相手のラインの使い方や頻度を聞いてみましょう。
そしてそれと同時に、自分はラインをどう使っているか。連絡頻度が多いと嬉しいのか。なども正直に話しておくと、知り合った直後の二人のラインによるすれ違いが起こることは少ないですよね。


けれど、大人同士、忙しい日常の中で、すぐに返信して欲しいというのは難しいという前提でラインを使いましょう。
お相手にはお相手の都合というものがあるという事を理解しましょう。

そうでなければ、お互いに負担になってしまいます。

それが出来る大人の男女はきっと結婚してからもお互いに自由に束縛しあうことなく、楽しい生活が送れると思いますよ。

<ライン頻度多い事が良いわけではない>

私の例でいえば、主人と出逢った8年前はまだラインというものがなく、メールのやり取りにだったのですが、忙しい彼はメールをしても全く返信がありませんでした。

電話をすればようやく電話を取ってくれる状況。

仕事ができる男性は、仕事に集中しているので、仕事中にプライベートのラインをちょこちょこやったりはしないのです。

しかし、私達はお付き合いをし、密に話し合いができるようになってからわずか2週間の交際で結婚を決めました。

これは、いくらメールやラインをやり取りしたとしても、会って短い時間でも内容の濃い話が出来ることのほうが何倍も相手を理解できるという事です。

何回もラインでやり取りするよりも、しっかりと会って話をする!これを心がけましょう。

そして、ラインはあくまで連絡手段でしかありません。

そこを勘違いすると、ラインで何回もやりとりしているからお互いに理解できているとにはなりません。

100回ラインをやり取りするよりも、1回しっかりと会って話をするほうが何倍もお互いのことを理解し合えますよ。

<ラインで氣持ちを深読みしない>

ラインは色々な絵文字やスタンプがありますよね。

嬉しいスタンプや大好きを伝えるスタンプなど。

でも残念ながらラインでは相手の氣持ちは知ることはできません。
なぜなら、そんなに好きではなくても、「大好きだよ」のスタンプを送ることは簡単だからです。

どんな状況でも簡単に氣持ちとは違う事をいくらでも送ることができてしまいます。

だから、どんなにラインで良い感じでやり取りしていたとしても、相手の目を見て表情を見ながら話をしなければ、相手の氣持ちは判るはずがないのです。

<婚活でのラインの注意点 まとめ>

出逢った直後は、お互いのライン頻度について素直に話し合ってみましょう。
そして、ラインはあくまで、次に会うための連絡手段程度に考えましょう。
会った時、どれだけ濃い話が出来るか、そして表情を見ながら感情を伝え合えるか。
それを意識してラインを使うようにしましょうね。

ラインというツールを上手に活用して、お相手とのスムーズなコミュニケーションを取ってくださいね。


[無料メール講座]
35歳で10年で400万円の婚活から2週間のお付き合いで 仕事も家庭も楽しめる結婚を手に入れた5つの秘密

1日目 幸せな結婚にたどり着けない本当の理由

2日目 自分らしい結婚を手に入れる大事なレッスン

3日目 幸せな結婚をするためにするべきこと

4日目 上手くいかないやり方を手放すレッスン

5日目 幸せな結婚をしている人が必ずしているたった一つのこと

by
関連記事