コロンビアコーヒー豆の特徴は?主要な産地・品種・おいしい飲み方も

皆さんが毎日飲むコーヒー。どこの豆を使っているか知っていますか?

いろいろな国で栽培されたコーヒー豆が日本に輸入されていますが、その中でもコロンビアコーヒーはよく知られています。

日本でよく知られているコーヒー豆の銘柄のひとつ「エメラルドマウンテン」は、実はコロンビア産のコーヒー豆なんです。知っていましたか?

日本でも人気が高いコロンビアコーヒー。
そこで今回は、コロンビアのコーヒー豆について詳しく紹介していきます。

「コロンビアのコーヒー豆ってどんな味?」「どんな食べ物に合うの?」という人はぜひ最後までお読みくださいね!

あわせて読みたい
コーヒー豆の種類と産地を知っていますか?味の違いと特徴をカフェ店長が解説
コーヒー豆の種類と産地を知っていますか?味の違いと特徴をカフェ店長が解説毎日コーヒーを飲む、コーヒー好きのあなた。こだわりのコーヒー豆の種類や産地は知っていますか?コーヒー産地の国は聞いたことがあっても、どのコーヒー豆がどの国の...
もくじ

コロンビアコーヒーとは?

コーヒー豆の生産量で世界第3位の国、コロンビア。世界的にもコーヒー生産国として有名ですよね。

南米にあるコロンビアの国の面積は、日本の約3倍。
地域により雨季と乾季が交互にやってくるため、全土で1年中コーヒー豆を栽培することができます。
国全体で栽培しているために、世界第3位の生産量を維持できているんですね。

コロンビアでの伝統的な生産技術などが認められ、2011年にはコーヒー豆栽培地域の景観が「世界文化遺産」として登録されました。

コロンビアコーヒーの歴史は?

コロンビアでコーヒーが栽培されるようになったのは、1730年頃。
キリスト教修道院に植えられたコーヒーの木が始まりだと言われています。その後、国内のキリスト教教会・修道院に広がっていき、国内での栽培が少しずつ増えていきました

1835年に初めて「コロンビアコーヒー」として輸出され、徐々に世界のマーケットで品質を評価されるようになりました。

現在では国の主要な輸出産業となり、全世界にコーヒー豆を輸出しています

コロンビアコーヒーの産地とは?

コロンビアの3つの主要産地

コロンビア国内には、主要な3つの産地があります。

地域産地コーヒー豆の特徴
北部マグダレナ、カサナレ、サンタンデールなどやさしい酸味とコク
中部カルダス、リサラルダ、キンディオなどバランスのいい味と香り
南部ナリーニョ、ウイラ、カウカなど酸味・香りが強い
エメラルドマウンテンとは?

日本でも有名な「エメラルドマウンテン」とは、実はコロンビアコーヒー豆です。
コロンビアで栽培されるものの中で、約3%しか取れない厳選されたコーヒー豆。
甘い香りと深いコク、フルーティな酸味が特徴です。

コロンビア豆の品種

コロンビアのコーヒー豆の品種は「すべてアラビカ種」です。

アラビカ種の中にも4つの種類があるのですが、その中でもカトゥーラ種とバリエダコロンビア種が主に栽培されています。

コロンビアの国土は南北に広がっており、地域によって気候や標高が違うため、同じ品種でも栽培される場所によって香りや味が変わります。おもしろいですね!

コロンビア豆の格付け

コロンビアのコーヒー豆は大きさによって格付けされます。
スクリーンと呼ばれるふるいで大きさを量り、サイズによって等級が決められます。

サイズと等級はどうなっているのでしょうか?

等級スクリーンサイズ
エクセルソ プレミアム18
エクセルソ スプレモ17
エクセルソ マラゴジッペ17
エクセルソ エクストラ16
エクセルソ カラコル12
エクセルソ ヨーロッパ15
エクセルソ UGQ全体の半数以上が15、残りが14

「スクリーンサイズが16以上」のものと「カラコル」のみが、スペシャルティコーヒーとして取引されています。

「ヨーロッパ」と「UGQ」は一般のコロンビアコーヒー豆として取引されます。
(スクリーンサイズが13以下のものはコロンビア国内で消費されています)

コロンビアコーヒーの味は?

日本でもよく知られているコロンビアコーヒー。
ブレンドコーヒーのベースの他、エスプレッソとしても使われることが多いコーヒー豆です。

コロンビアコーヒーの味わい:
やわらかな苦みと酸味のバランスが良く、すっきりとした味わい。
クセが少ないので飲みやすく、ブレンドのベースとしてもよく使われます。

コロンビアコーヒーの香り:
コーヒー豆の時の香りは木の実のように香ばしく、コーヒーになるとフルーティな香りに変わります。

同じコロンビア産でも地域によりコーヒーの味が変わる?

コロンビアは南北に広がる国土を持つため、栽培される地域によりコーヒー豆の香りも変わります。
各地域の特徴はこちら。

北部コクが強めで酸味は少ない
中部北部と南部の間くらいの味わい。バランスが良い
南部フルーティな香りと酸味が強い

コロンビアコーヒーのおいしい飲み方は?

おすすめの焙煎度は?

コロンビアのコーヒー豆におすすめの焙煎度は「ミディアムロースト~フルシティロースト」。
苦みと酸味がバランス良く味わえるコーヒーを淹れることができます。

また、酸味を楽しみたいなら浅煎りもおすすめ。
フルーティな酸味が楽しめますよ!

おいしいコーヒーの淹れ方は?

コーヒーを淹れる時には、お湯の温度や抽出時間を変えることで同じ豆でも違う味わいが楽しめます。

  • 少し低い温度でじっくり抽出する⇒濃厚な香りと甘みを強く感じられる
  • 高めの温度で素早く抽出する⇒キレのある酸味を感じられる

ぜひ、いろいろな淹れ方を試してお好みの味わいを見つけてくださいね!

コーヒーの酸味が苦手!酸味を抑えて淹れるには?

酸味がある豆として知られるコロンビアコーヒー。

「コロンビアコーヒーを飲みたいけど、酸味は苦手!」という人はコーヒーを淹れる時にぜひ以下の方法をお試しください。

  • 浅煎りは酸味が出やすいため中煎りまたは深煎りを選ぶ
  • コーヒーを淹れる時の水を硬水にすると酸味を抑えることができる

古い豆や粉を使った場合にも酸味が出てしまうので、必ず新鮮な豆や挽きたての粉を使いましょう!

コロンビアコーヒーに合う食事は?

フルーティな香りや酸味が楽しめるコロンビアコーヒーには、ナッツ類が入った食べ物が良く合うと言われています。

ナッツが入ったチョコレートなどと一緒に、コロンビアコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ご縁の街出雲 大社珈琲オンラインショップ

当店人気No.1「縁結びブレンド」ほか、コーヒー豆のご注文はオンラインショップからどうぞ。店内で焙煎したてのスペシャリティーコーヒーをご自宅用に、大切な方への贈り物に。ご縁の街出雲から心を込めて全国へお届けしています。

もくじ
閉じる